Blog
古河中等ブログ
地震発生を想定しての避難訓練を行いました。 能登半島地震から4ヶ月以上が立ちましたが、地震がもたらす災害の恐ろしさは記憶に新しいところだと思います。 災害はいつ起こるか誰にも分かりません。だからこそ「いつか」ではなく「今」から知識や経験を備えていくことがとても大切です。命と暮らしを守るために、普段からできる備えをぜひ進めていきましょう。
 5月18日(土)に授業参観・懇談会・PTA総会が実施されました。  お忙しい中、たくさんの保護者の皆様がご来校くださり、改めて本校の教育活動への関心の高さを実感する一日となりました。今後も職員一同、「充実した授業づくり」、「よりよい学校づくり」を常に心掛け、将来に向けた生徒の成長を第一に考えながら尽力していきたいと思います。  保護者の皆様、これからも生徒たち一人一人の成長を見守り、支えていただきますようお願いいたします。  
 生徒総会が行われました。生徒会の皆さん、生徒総会に向けて様々な準備をありがとうございました。  生徒会役員と生徒全員が一丸となり、よりよい学校を実現するためにはどうすればよいのか、引き続きよく考え、日々の積極的な行動を意識しながら生活していきましょう。
副校長先生が本校の3年次・4年次生に向けて「共感~empathy~」をテーマに講話を行いました。 副校長先生は、これまでドキュメンタリー番組のディレクターやプロデューサーなどの経験を経て、今年度より本校に着任しました。番組制作に携わる中での自身の様々な経験やそこで感じた思いなどを聞くことができ、生徒にとっては貴重な時間となりました。ナイジェリア・バングラデシュ・ウクライナなど過酷な環境の中でも懸命に生きる人々の姿からは感じることも多かったことでしょう。 「共感」を意味する言葉には「sympathy」と「empathy」があります。どう違うか分かりますか?今日の講話を聞いた3年次生・4年次生にはきっと分かるはず! 副校長先生、ありがとうございました。
5月7日(火)に3年次生を対象とした英語スキルアップ研修を実施しました。午前中は校内で留学生と交流をし、出身国の文化や習慣について学びました。午後は、古河駅周辺の観光スポットを散策し、留学生や講師の先生方に英語で案内をしました。英語のスキルを高めるとともに、異文化について学ぶ良い学習機会となりました。次回は6月に実施予定です。次回も実り多い研修にしていきたいと思います。